読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リノイの音楽雑記

音楽卒の女・リノイが綴る音楽ブログ

スガシカオの「Thank You」は危険思想の歌なのか?

今日とりあげるのはスガシカオのThank You

スガシカオといえば、
夜空ノムコウとかprogressとかで有名なアーティストって印象ですが、
そんなヒット曲ではなく、
あえて!この隠れた名曲を!
語っていきますよー!

夜空ノムコウやprogressって、
わりと、こう、誰もが一度は抱いたことあるような、
心に寄り添ってくれる優しい歌みたいなイメージがあるけど、
このThank Youは、そんなソフトな歌ではない。


だってまず出だしが

ねぇ 明日しんでしまおうかしら
もどかしいこと 全てのあてつけに

ですからね。
この歌の主人公、病んでます。

んでもって、その後にくるのが

君の心ゆれますか?
僕のことで後悔してくれますか?

うわー、めんどくさ!!
こいつ、究極のかまってちゃんだわ。

…なんて思ってしまうような、
突拍子もない歌詞なんです。

まぁ歌詞から見てとれるのは、
多分男女のもつれでしょうかねー。

それもちょっとヤンデレな人物が主人公。

だって、初っ端から死ぬ死ぬ言ってる主人公ですけど、
サビでは態度は一変し、

そばにいて そばにいて
そして僕の味方になって

とか言っちゃってますからね。

そしてこの曲、とても気になるのが、
ちょいちょい「女性言葉」が出てくる所。

死んでしまおうかしら

あのニブいクソ野郎も泣くかしら

過激な言葉とか、わがままな言葉の時にわりと女言葉になる傾向があるような…。

まるでかまってくれと言わんばかりの女々しい気持ちを表現しているのでしょうか。

でも一人称は「僕」です。

ってことは主人公は男性。

じゃなきゃ、ボクっ娘ですw

でもボクっ娘が「〜かしら」とは言わないと思うので、
まぁ男性と捉えるのがいいのかな。

とにかく女々しい男性が主人公です。



そして、そんな女々しい主人公は、
1番で死ぬ死ぬ詐欺しておきながら
2番になると

ねえ 明日死んでもらおうかしら

になってます。
しかも、君と僕以外の全ての人に。

お前が死ぬんじゃなかったんかい!w
しかも他人を巻き込もうとしてる!

歌詞の意味をそのまま捉えるなら
完全にやばい奴です。

でも、この人1番で死ぬ死ぬ詐欺してるような人ですから、
きっと2番のこの歌詞も本心では思ってないんじゃないでしょうか。

なんか投げやりになって言ってみちゃった一言。
そんな印象を受けます。


そう考えるとこの曲って、
過激なこと言ってるようで、
だけど、それは本心ではなくて。

本音の部分はサビの

そばにいて そばにいて
そして僕の味方になって

なんだと思うんですよね。

それに、表に出す出さないは別として、
もう投げやりになっちゃいたい気持ちっていうのは、
誰にでもあることなんじゃないかなとも思います。

もうどうにでもなれって感じの気持ちです。


そう考えると、
一見、危険思想な曲に思えるこの歌詞ですが、
心の奥底で、少なからず自分にも覚えがあるようなないような、
そんな妙な親近感も感じるんですよね。

そんな微妙なモヤモヤした気持ちを
上手く言葉にしてくれている、
それがこのThank Youなんじゃないかなと思います。